注文住宅のモデルハウス見学で気をつけたいこと

注文住宅建築に当たってはメーカーのパンフレットやインターネットのサイトで様々なデザインや仕様をを研究することも大切ですが、それにも増して重要なことは実物のサンプルを実際に目で見ることです。それができるのがモデルルームです。でもモデルルーム見学に当たっては、これだけは頭に強く入れておかなければなりません。それは「モデルルームは住むためでなく、見せるためにつくられたもの」であるからです。これがどういうことかと言いますと、概してモデルルームというものは、見せることを目的に造られていますから、見学者が見て、「すばらしい」と思うように、いろいろと策略を凝らしているのです。具体的に言いますと、例えば玄関は実際よりかなり広くなっていますし、証明にしても実際より倍ぐらいも明るく設定されています。それに天井の高さや窓の大きさなども実物をはるかに凌いだものになっているのです。

モデルハウス見学では住宅の方位(向き)にも注意が必要

通常モデルルームには案内用のリーフレットが置かれており、それには家の各部分の間取り図や特徴などについての説明などが載っていますが、多くの場合間取り図には方位が記されていません。住宅展示場は方位を考えてまで場所を設置していませんから、ユーザーの想定するプランと合わないことが多いのです。したがって、もし南向きの玄関を想定しているのにモデルハウスが北向きに建っていたら、家のイメージは大きく変わります。このために日当たりなどに関しても勘違いが起こりやすく、住み心地について錯覚や誤解が生じやすくなるのです。家を建てるとき方位を気にする人は多いはずです。したがってモデルルームを見学する際には、この方位の違いをはっきり認識してかかる必要があります。