注文住宅建築ではいい営業マンに恵まれることが大切な条件

注文住宅建築では担当になる営業マンによって、その後の命運が決まる、と聞けば、「なにを大げさな!」、と思う方もいるかもしれませんが、でもこれは決して大げさなことではなく、大いにあり得ることなのです。考えてみて下さい。住宅会社の営業マンとは、家作りのプランから始まって、その後住宅が完成するまで長い間付き合っていくのです。しかも住宅購入は生涯で最も大切な買物です。その大事な買物の世話をしてくれるのが営業マンなのですから、いい人に恵まれなくて良いはずがありません。では住宅建築においての良い営業マンとはどのような人なのでしょうか。もちろん、良い営業マンに共通している「説明が丁寧で人柄が誠実」ということも必要ですが、もっと大切な要素として挙げられるのは、住宅に関しての専門知識やスキルが高いことです。

どうしたら営業マンのスキルを見抜くことができるか

とはいえ、モデルルームで会ったばかりの営業マンのスキルを見抜くことは簡単ではありません。見抜く側が住宅の素人であればなおさらです。したがってできることは一つです。それはあらかじめ注文住宅に関する資料などにできるだけ多く目を通しておき、そこから仕入れた住宅の構造や設備面などの質問をなるべく多くぶつけてみることです。この場合スキルの高い営業マンだと、質問者から目をそらさず、堂々と応えてくれるはずです。ところがスキルに自信のない営業マンの場合は、質問者から目をそらすだけでなく、少しおどおどとした調子で自信なさげに応えるものです。こんな営業マンだとスキルの点で劣ると考えた方がよいのではないでしょうか。